スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
『思いを運ぶ手紙』地球環境映像祭大賞受賞
Mar. 31, 2012

Price of Letter

第20回アース・ビジョン地球環境映像祭(2012年3月16日~18日)にて、ブータンのウゲン・ワンディ監督のドキュメンタリー作品『思いを運ぶ手紙(英題:Price of Letter)』が「子どもアース・ビジョン大賞」を受賞しました。この作品は、弊法人が2008年に日本語字幕版を制作し、同年秋に開催したヒマラヤ国際映画祭TOKYO2008で日本初上映。2010年に開いたヒマラヤ国際映画祭TOKYO2010にはウゲン氏を招き、同作品の上映と共に、トークと関連シンポジウムで作品の制作エピソードやブータンのGNH(国民総幸福量)等について話して頂きました。ですから、今回の氏の受賞を”関係者”として大変喜んでいます。

来場されたウゲン監督の受賞後のスピーチはとても印象的なものでした。「昨年日本で起きた大震災以来、この作品には新たな別の“意味”が加わりました。」監督のこの言葉は、作品主人公の郵便局員の言葉を受けて語られたもの。その郵便局員、テンジンは、25年以上に渡り街と厳しい山々を往復して歩いて手紙を運び続けています。彼は街には関心が無く、山々を、そこでの生活を愛しているのです。作品の最後に彼はこう語りますー「こんな言い習わしがあるよ。『どこでも我が家さ、たとえ橋の下でも』」。

『思いを運ぶ手紙』は、ブータンの厳しくも美しい風景と共に描かれた素朴で素敵なヒューマンドキュメンタリー作品です。是非、更に多くの方々にご覧頂き、ウゲン監督が話した「”意味”」、すなわち、”幸せの違った形”を感じて頂けたらと願っています。

ウゲン監督の制作会社HP(英語)
スポンサーサイト

テーマ:ドキュメンタリー映画 - ジャンル:映画

【2012/04/01 02:23】 | ヒマラヤ国際映画祭 | トラックバック(0) | コメント(11) | page top↑
『ヒマラヤ国際映画祭TOKYO2010』開催(1)
Nov. 1, 2010



今年も早11月。いよいよ「ヒマラヤ国際映画祭TOKYO2010」の開催が今月19日(金)に迫りました。

「ヒマラヤから地球の『今』を考える」をコンセプトとするこの「映画祭」。2003年にアムステルダム(オランダ)で「Himalaya Film Festival(HFF)」の名で始まり、日本においても既に3度(東京/京都・神戸)開催されています。

もともと、私のドキュメンタリー作品(『チベット難民-世代を超えた闘い』(英語版:『Tibetan Refugees-A Struggle Beyond Generations』)が2004年にHFFに招待されたのが縁でした。その際に同映画祭を企画したヒマラヤ・アーカイブ・ネーデルランドの代表と知り合い、互いのヒマラヤに対する思いで大いに共感し合い、共同でこの映画祭を進めて行くことになりました。今年10月には新たにニューヨーク(アメリカ)が開催地(Himalaya Film Festival USA) となり、「ヒマラヤ」を介した日本と世界との「絆」は更なる広がりを見せています。

さて、今回もヒマラヤが映し出す地球の魅力と世界の課題とを秀作21本を通じてお見せします。この映画祭の特徴として、マスコミではタブー視され中々取り上げられないテーマ(「チベット問題」、「カシミール問題」、etc. )も積極的に取り上げています。そこに、NPO法人としての使命を感じる次第です。

映画上映に加え、インド、ネパール、ブータンより監督達を招き「ヒマラヤから現代社会を問う」というテーマでシンポジウムを行います。

これから「映画祭」直前まで、注目作品や関連国際シンポジウムについてご紹介していきます。

Tanaka

P.S.映画祭をお手伝いして頂ける方を募集しております。次のアドレスまでご連絡頂ければ幸いです。haj@himalaya-japan.net


【2010/11/01 17:42】 | ヒマラヤ国際映画祭 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
「ヒマラヤ国際映画祭TOKYO2010」開催決定
Aug. 9, 2010

HFFT2010


このたび、NPO法人ヒマラヤ・アーカイブ・ジャパン(HAJ)は、今秋、東京にて「ヒマラ国際映画祭TOKYO2010」を開催することになりました。開催概要は以下の通りです。なお、上映作品、関連シンポジウム、チケット販売などの詳細につきましては、近日中に開く公式サイト上にてお伝えして参ります。

<<開催概要>>

□ 映画祭名:ヒマラヤ国際映画祭TOKYO2010

□ 会期:2010年11月19日(金)~11月21日(日)(3日間)

□ 会場:国立オリンピック記念青少年総合センター(カルチャー棟/小ホール・384席)(東京都代々木)

□ プログラム:ドキュメンタリー映画作品(約20作品)上映 / 国際シンポジウム(テーマ:”ヒマラヤから現代社会を
問う~世界の矛盾とヒマラヤ文化の役割と可能性”)開催(20日・同ホール)

□ 主催:NPO法人ヒマラヤ・アーカイブ・ジャパン

□ 後援・協賛(一部予定):ネパール連邦民主共和国大使館、インド大使館、ブータン大使館、オランダ王国大使館、日本ネパール協会、アルパインツアーサービス株式会社

*問い合わせ窓口:
NPO法人ヒマラヤ・アーカイブ・ジャパン 事業部
TEL:044-955-8678 FAX:044-955-8678
Mail: biz@himalaya-japan.net


*以前の「ヒマラヤ国際映画祭」につきましては、こちらでご確認下さい。


テーマ:映画ニュース - ジャンル:映画

【2010/08/09 10:30】 | ヒマラヤ国際映画祭 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
HFFWJ2009 PR映像
Apr. 9, 2009

「ヒマラヤ国際映画祭 WEST JAPAN 2009」のPR映像を作りました:






【2009/04/09 23:53】 | ヒマラヤ国際映画祭 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ヒマラヤ国際映画祭WESTJAPAN2009
Mar. 21, 2009

HFFWJ09


ご無沙汰しました。

先の記事でもお伝えしましたが、「ヒマラヤ国際映画祭」が関西に進出します!その名も「ヒマラヤ国際映画祭WESTJAPAN2009」。場所は京都と神戸の3会場。映画の上映に加え、関連イベント(オープニングセレモニー、宮原巍氏のトークほか)もあり充実した内容です。 どうぞ会場に足をお運び下さい!

昨年の東京開催(「ヒマラヤ国際映画祭TOKYO2008」)は準備段階で様々なアクシデントに見舞われ、関係各位にご迷惑をかけるなど不本意な結果に終わってしまいました。

それだけに、この様な形で開催出来ることは非常な喜び。関西のスタッフの方々、特に中心になって頑張って下さっている鴇 明浩氏に心よりお礼を申し上げる次第です。正に、有言実行の士。彼の尽力無くしては今回の開催は実現し得なかった。良きカルマに感謝!

**********************************

さて、「ヒマラヤ国際映画祭」を企画・運営する我々「ヒマラヤ・アーカイブ・ジャパン(HAJ)」はNPO法人となりました。ただ今、会員等募集中です。「映画祭」を応援して下さっている皆様、ご検討頂ければ幸いです。詳しくはHAJ公式サイトをご覧下さい。


以上、宜しくお願い致します。



ヒマラヤ・アーカイブ・ジャパン 代表
田中 邦彦


【2009/03/21 23:53】 | ヒマラヤ国際映画祭 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。