スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
『思いを運ぶ手紙』地球環境映像祭大賞受賞
Mar. 31, 2012

Price of Letter

第20回アース・ビジョン地球環境映像祭(2012年3月16日~18日)にて、ブータンのウゲン・ワンディ監督のドキュメンタリー作品『思いを運ぶ手紙(英題:Price of Letter)』が「子どもアース・ビジョン大賞」を受賞しました。この作品は、弊法人が2008年に日本語字幕版を制作し、同年秋に開催したヒマラヤ国際映画祭TOKYO2008で日本初上映。2010年に開いたヒマラヤ国際映画祭TOKYO2010にはウゲン氏を招き、同作品の上映と共に、トークと関連シンポジウムで作品の制作エピソードやブータンのGNH(国民総幸福量)等について話して頂きました。ですから、今回の氏の受賞を”関係者”として大変喜んでいます。

来場されたウゲン監督の受賞後のスピーチはとても印象的なものでした。「昨年日本で起きた大震災以来、この作品には新たな別の“意味”が加わりました。」監督のこの言葉は、作品主人公の郵便局員の言葉を受けて語られたもの。その郵便局員、テンジンは、25年以上に渡り街と厳しい山々を往復して歩いて手紙を運び続けています。彼は街には関心が無く、山々を、そこでの生活を愛しているのです。作品の最後に彼はこう語りますー「こんな言い習わしがあるよ。『どこでも我が家さ、たとえ橋の下でも』」。

『思いを運ぶ手紙』は、ブータンの厳しくも美しい風景と共に描かれた素朴で素敵なヒューマンドキュメンタリー作品です。是非、更に多くの方々にご覧頂き、ウゲン監督が話した「”意味”」、すなわち、”幸せの違った形”を感じて頂けたらと願っています。

ウゲン監督の制作会社HP(英語)
スポンサーサイト

テーマ:ドキュメンタリー映画 - ジャンル:映画

【2012/04/01 02:23】 | ヒマラヤ国際映画祭 | トラックバック(0) | コメント(11) | page top↑
<<ネパール大震災 | ホーム | 「クライミング映画祭」 協力>>
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/11/08 11:12】 | #[ 編集] | page top↑
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2013/03/04 02:35】 | #[ 編集] | page top↑
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2013/05/01 10:45】 | #[ 編集] | page top↑
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/07/16 16:05】 | #[ 編集] | page top↑
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/07/21 05:53】 | #[ 編集] | page top↑
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/07/26 16:55】 | #[ 編集] | page top↑
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/07/29 09:27】 | #[ 編集] | page top↑
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/08/13 08:58】 | #[ 編集] | page top↑
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/08/21 15:31】 | #[ 編集] | page top↑
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/08/28 01:35】 | #[ 編集] | page top↑
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/08/28 19:05】 | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hff.blog113.fc2.com/tb.php/32-f0ca8967
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。